とにかく元気を出すことだよ

レールから外れた人へ

まさかここまで便利とは!電子書籍『Kindle』に関するアレコレをまとめてみた。

f:id:sayadoki:20161231202201j:plain

 

2016年に買って、一番よかったものは、Amazonの電子書籍『Kindle』でした。
(あまりによかったので、Kindle Paperwhiteとそのマンガモデルの2つ買いました)

 

今回は、実際に半年以上使って感じたメリット・デメリットや、おすすめのKindle端末、購入前に知っておいたほうがいいことなど、もろもろとまとめてみました^^

 

 

電子書籍『Kindle』のメリット・デメリット

ぼくはモノとしての本が大好きです。

匂い、質感、重さ。

しかし、最後の『重さ』はデメリットにもなってしまいます。

引越しの度に、積み重なった本の重さに散々、泣かされてきました。

 

「このままじゃまずい。」

 

そう思っていたときに出会ったのが電子書籍の『Kindle』でした。

 

モノとしての本が大好きだったぼくも、実際にKindleを購入して、感じたメリットは想像以上でした。

 

メリットはこんなところです。

 

メリット

  • 家がすっきりして、引越しに困らない。
  • 持ち歩く本を選ぶ必要がなくなり、荷物が軽くなる。
  • 購入した瞬間に読める。本の配達を待たなくていい。
  • Kindle本は値引きや、ポイントによる割引きが多い。
  • 無料本も多数なので、活字に困らない。
  • 紙の本はなくても、Kindle本で復刊していることがある。
  • 複数の端末を購入すれば、家族で同じ本が同時に読める。

 

一方、デメリットもあります。

 

デメリット

  • PCでも読めるが、快適に読むにはKindle端末が必要。
  • Kindke端末はそこそこ高い。(8980円~)
  • 本独特の質感が味わえない。
  • 書き込んだり(メモ)、線も引ける(ハイライト)が、本より面倒。
  • 部屋に飾るために本を並べたり、レイアウトできない。
  • 電気のない環境では、読めない。(電池は週単位で持ちます)
  • Amazonのサービス終了で、購入本が読めなくなる可能性がある。

 

Kindleにすることで、『物質』だったものが、『情報』に変わるイメージです。

 

もちろんKindleにしたからといって『本』でほしい本は、『本』を買えばいいだけです。

選択肢を増やす。

そんな感覚がちょうどいいかもしれません。

おすすめのKindle端末は『Kindle Paperwhite』

Kindleの端末は

と、さまざまな種類があります。

 

  

 

(見た目はどれも変りばえしませんね(笑))

 

ぼくは『Kindle Paperwhite』か、その上位機種である『Kindle Paperwhite(マンガモデル)』をおすすめします。
(ちなみにぼくはどちらとももっています)

 

その理由は、コストパフォーマンスです。

 

それぞれの値段は、

  • Kindle・10980円~
  • Kindle Paperwhite・16280円~
  • Kindle Paperwhite(マンガモデル)・18280円~
  • Kindle Voyage・25980円~
  • Kindle Oasis・37980円~

で、かなりばらつきがあります。※すべて『キャンペーン情報なし』のタイプです。

 

Kindle Voyage, Oasisの2万、3万はさすがに高すぎでしょう(笑)。

 

性能としては、最安モデルのKindleにはバックライトという最低限の機能がありません。

また、『画面の暗さ』と、『解像度の低さ』、『ページめくりが粗っぽい』と評判が悪いのがネックです。

 

一方、Kindle Paperwhiteはバックライトもあり、快適な読書体験をするための必要十分な機能を備えています。

※それでも16280円~と高いですが、4000円オフで購入することもできます。

 

キャンペーン情報あり・なしはどちらがいい?

Kindleを購入する際には『キャンペーン情報あり・なし』を選ぶことができます。

 

『キャンペーン情報あり』にすると2000円OFFになるので、どんな感じで表示されるか確認(ググってください!)して、気にならないようでしたら、それでもよいと思います。

 

また、『WIFI』については、

  • WIFI環境がある方は『WIFI』
  • WIFI環境がない方は『WIFI+3G』

を選んでください。

 

WIFI環境がないのにWIFIのみを選ぶと、書籍の更新の度に、WIFIスポットを探す必要があります。

 

購入前に知っておきたい3つのポイント

基本的に電池のもちは非常にいいですし、
まるで紙みたいな表示で見やすいですし、
長時間読んでいても、目が疲れないので、とても満足しています。
※電池は1, 2週間に1度の充電でOKです。

 

しかし、『Kindle Paperwhite』購入前にぜひ知っておいてほしいことが3つあります。

 

  • 表示が白黒
  • コミックは50冊程度しか端末に保存できない
  • 反応スピードが(少し)遅い

の3つです。一つずつ確認していきましょう。

 

まず、Kindleは表示が白黒です。最初知らずに買って面喰いました。爆

カラー表示で読書を楽しみたい方は『Fire タブレット』を選んでください。
(下の画像のやつです。)

 

  

  

次に、Kindel Paperwhiteは3.1GBしか容量がありません。

マンガをたくさん持ち歩きたい方は、『Kindle Paperwhite マンガモデル』がおすすめです。(Amazonによると約700冊、保存できます!) 

 

容量に達したとき、いちいちデータを削除して、クラウドからダウンロードするには多少手間がかかります。

過去の名作(ドラゴンボールやスラムダンク等)をまとめて持ち歩きたい方にはマンガモデルをおすすめします。

 

最後に、反応スピードは少し遅いです。

慣れるまで、イライラしました(笑)。

 

もちろん慣れると気にならなくなる程度ですが、速読の方や、短気な方はマンガモデルを選んでください。

Paperwhite(マンガモデル)は改良されて、反応スピードが少し速くなっています。

 

Kindle端末を割引で買う方法

別でも書きましたが、

  • Kindle・10980円~
  • Kindle Paperwhite・16280円~
  • Kindle Paperwhite(マンガモデル)・18280円~
  • Kindle Voyage・25980円~
  • Kindle Oasis・37980円~

と、そこそこお高いです。※すべて『キャンペーン情報なし』

 

ぼくはKindle Paperwhite(か、そのマンガモデル)がおすすめなので、最低でも16280円かかることになります。

 

しかし、4000円安くする方法があります。

それはAmazonプライムへ入会する方法です。

 

 

もちろんAmazonプライムに入会することで、年会費3900円税込(月々325円)かかってしまいます。

しかし、30日間の無料期間中に自由に退会できるので、無料で、Kindle端末の4000円OFFクーポンをGETできます。

 

もしうっかりAmazonプライムの無料期間をすぎてしまっても、気づいた時点ですぐに退会すれば、使用期間の日割分のみ払えばOKです。

もともと月額325円なので大した金額にならないことがわかるでしょう。 

 

退会も下記のページから簡単にできます。
Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける

 

Amazonは、楽〇やソフト〇ンクとは一味違うユーザーフレンドリーなサービスを展開していて好感が持てます。 

Kindle端末紛失時も、ユーザー対応が素晴らしく、感動しました。
Kindle端末を紛失(盗難)してしまったときの対処法と、見つけたときの対処法

 

まとめ

読書が好きな人、これから読書を趣味にしたい人にはぜひKindleがおすすめです。

ぼくは特に、部屋がすっきりすること、買った瞬間に読めること、割引やセールが多いことで助かっています。

 

Amazonの月額980円の読み放題サービスKindle Unlimitedのおすすめ本や、マンガはこちらの記事に書きました。

 

Kindle Unlimitedも想像以上に便利で、良書が多いです。

Kindleで読書漬けになりましょう^^