とにかく元気を出すことだよ

レールから外れた人へ

これが王道!?人生(資本主義)の攻略法

さて、今回の話題は人生の攻略法です。

人生といっても幸せのかたちは人それぞれなので、生きたいように生きればいいわけですが、現代社会に生きる我々にとっていちばん影響する社会の原理は「資本主義」であることです。

実は…資本主義には攻略法があります。

今回はもっとも基本的な(その分つまらないかもしえませんが…)攻略法をお伝えさせていただきます。

 

 

人生を支配するルールは「資本主義」

人生(社会)を支配するルールは資本主義です。

資本主義の基本的な原理は、
資産を増やせば増やすほど、お金が増える。

これです。

 

よのなかにはもっと難しい説明がたくさんありますが、人生を生きやすくする上ではこの理解で十分です。また、プロブロガーと名乗る一部の人はサラリーマンよりフリーランスがすごい!などと煽りますが、サラリーマンだろうとフリーランスだろうと資産を増やせた人だけが人生ゲームを攻略するカギを手に入れます。

 

資本主義を攻略するために重要なのは、稼ぐ方法それ自体ではなく、稼いだ金を資産に変え、働かなくても暮らせる(経済的に自由になる)エコシステムを構築することにあります。

 

つまり稼いだ金の使い方にこそ、資本主義を攻略するカギがあります。

 

貯金か消費しか知らない日本人

義務教育でお金について学ぶ機会がないぼくたちはお金の使い方に無頓着なことが多いです。お金が貯まればほしいものを買う。車を買ったり、家を買ったり…。

貯金か、消費しか知らないのがほとんどの日本人の姿ではないでしょうか。

 

投資家が「お金」よりも大切にしていること」という書籍の中で、日本人やアメリカ人、ドイツ人やイギリス人の資産の割合が紹介されています。

 

そのうち、代表的な日本人とアメリカ人の資産の割合をみてみましょう。

まず、日本人の資産の割合がこちらです。

 

f:id:sayadoki:20170629130158j:plain

 

現金・預金での資産が5割を超えていて、保険・年金を加えるとその8割以上が貯蓄性の高い資産に割り当てられていることがわかります。 

 

一方、アメリカ人の資産の割合はこちらです。

f:id:sayadoki:20170629130208j:plain

 

現金・預金はわずか15%にすぎず、現金・預金に保険・年金を加えても5割未満です。その分、有価証券や株式など投資性の高い資産への割合がとても高いことがわかります。

 

日本とアメリカでは社会制度も大きく異なるため、単純に比較してどうこういう話でもありませんが、多くの日本人はお金の使い方を貯金か消費くらいしか知らず、アメリカ人は投資も知っているという大きな証拠ではないでしょうか。

 

消費と貯金以外に「投資」という選択肢を加えること。

これが資本主義ゲームを攻略するための大切なポイントになります。

 

資本主義の攻略法は「稼いで、貯めて、増やす」

一発逆転の成り上がりストーリーは人気がありますが、地味で目立たない資産形成術はあまり人気がありません。

しかし日本に限らず、ほとんどの億万長者は地味で目立たない資産形成に努力した人です(億万長者の実態はありふれた職業と家庭をもつ「普通の人々」であることは「となりの億万長者」で知ることができます)。

 

今回紹介する方法は地味で目立ちませんですが、どんな立場の人にも例外なく効果のある方法です。

 

STEP1:稼いで、貯める

親からの遺産がある人を除いて、何もない若者にできるのは働くことです。もっともエントリーしやすく、誰でもできるのは時間労働(働いた時間に対して支払われる)です。

単価がいい仕事で効率よく稼げる仕事を探しましょう。

ただし、時間労働の場合、単価が高いほど肉体や精神に負担が大きいため、継続して働けることも重要な要素です。

 

f:id:sayadoki:20170507210509j:plain

 

こちらの図のように、収入から支出を引いた利益を貯めていくことが大切です。

しかし、毎月〇〇円貯金とやっていると精神的に大変なので、収入から貯金したい金額(たとえば収入の1/4。月給20万円なら5万円)をあらかじめ差っ引いて、生活することをおすすめします。

勤倹貯蓄で億万長者になった本多静六さんがやっていた方法です。

 

STEP2:貯めたお金を増やす

次のステップは「貯めたお金を増やす」です。

資産運用に関心がない人には「お金がお金を増やす」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、 資産に投資する(資産を買う)ことでお金を増やすことができます。

 

f:id:sayadoki:20170629132754j:plain

 

投資にはさまざまな種類があります。

たとえば不動産投資や現物投資(金・プラチナなど)、株式や債券などなど。最近はビットコインや、コインランドリーへの投資が流行っているようです。

しかし、安易に流行の投資を行うのは危険です。投資した結果、それが資産になるか(あなたのポケットにお金を入れてくれるか)負債になるか(あなたのポケットからお金を奪っていくか)を判別するのはとても難しいからです。

 

業者の煽り文句に負けて大金を投じた結果、逆に月々の出費が増えてしまったり、すべて持ち逃げされたり、というケースも少なくありません。

特に「あなただけ特別!」と小声で持ち寄られる投資案件には絶対に投資してはいけません。

そもそも投資先が有望なら、資産家でもない一個人に投資をお願いするメリットは何もないんですから。

 

ぼくが個人的におすすめできるのは、比較的低リスクで年8%程度の運用が期待できるインデックス投資です。興味がある方はこちらの記事もお読みください。

 

www.24jmn.com

 

STEP3:運用益が収入と同じになる(経済的に自由になる)

貯金と運用をはじめてから重要になることはあらかじめゴールを決めておくことです。

ゴールがない中の勤倹貯蓄は地獄です(貯金をはじめた当初は一発逆転や、バラ色の未来を想像しすぎて、逆にストレスが溜まりましたw)。

 

今、ぼくが設定しているゴールは月々の生活費が利子(運用益)でまかなえることです。

 

f:id:sayadoki:20170629132815j:plain

 

図で示すとこんな感じです。

コツコツと貯めた利益が今の収入と同じくらい稼ぎ出してくれるようになれば、働かなくても生きていける、金になる木を手に入れたことを意味します(このような状態を「経済的に自由になる」と言ったりします)。

 

ぼく自身はSTEP1のようにせっせと働いて貯金して200万円程度貯まったので、STEP2の資産を買うフェーズに移行しています。今は購入した株式がたまたま30%程度値上がりしたのでうれしい状態ですが、その投資方法に確信がもてたら、また記事にしたいと思います。