とにかく元気を出すことだよ

レールから外れた人へ

Kindle端末を紛失(盗難)してしまったときの対処法と、見つけたときの対処法

 

こんにちは。おっちょこちょいのにしじまんです。

 

実は先日、『Kindle paperwhite』を紛失してしまいました。
(そして、見つけました)

 

 

今回はKindle端末を紛失してしまったときの対処法と、見つけたときの対処法を書きます。

 

 

Kindleを紛失してしまったときにしなければならないこと

端末を紛失してしまったときにしなければならないことは2つあります。

  • 端末の登録を解除すること
  • カスタマーサービスに連絡すること

です。

 

端末の登録を解除することで、その端末からAmazonアカウントが悪用され、商品を購入されることを防ぐことができます
(不正購入されても、カスタマーサービスに連絡して取り消してもらうことが可能なようです。)

 

amazonのカスタマーサービスに連絡することで、自分のアカウントから端末の登録を取消し、第三者が登録できないよう、使用停止処理をしてもらえます

Amazon.co.jp ヘルプ: 端末の紛失または盗難の届け出について

 

Kindleを見つけたときにしなければならないこと

端末を見つけたときにしなければならないことは、

  • カスタマーサービスに連絡すること
  • 端末を登録すること

です。

 

先ほどの逆ですね。

 

amazonのカスタマーサービスがすごい!

ここから、今回の経験で感動したamazonのカスタマーサービスについて、書かせてください。

 

「端末解除はいいけど、カスタマーサービスに連絡するのが面倒そうだな。」

と、正直ぼくはこう思いました。

 

しかし、amazonのカスタマーサービスは、楽〇やソフ〇バンクのような糞サポートではなく、カスタマー「サービス」と呼ぶにふさわしく進化していて、驚きました。

 

まず、電話かEメール、チャットを選ぶことができます。

そして、チャットの平均待ち時間は驚愕の1分未満です。
(しかも、24時間対応です!)

 

ぼくは「チャット」で、ものの数分のやりとりで、端末の使用停止処理をしてもらうことができました。

また、同様にkindle端末発見後、数分のやりとりで、使用停止処理の解除をしてもらうことができました。

 

やりとりはこんな感じです。

 

f:id:sayadoki:20161216182456p:plain

 

紛失時は倉持さん、発見時は鈴木さんにサポートしていただきました。

ありがとうございました。

 

これまで生きてきて、カスタマーサービスは、お役所的にたらい回しされたり、親身になってもらえなかったりと、どちらかといえば「敵」的な存在でした。

 

ひどい扱いを受けた経験がある人は、ぼくだけではないはずです。

 

嗚呼、amazon。

 

「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」 
という理念の実現をかいまみて、感動しました。

 

まとめ

少しでもお役に立てればうれしいです。