とにかく元気を出すことだよ

レールから外れた人へ

元ワイキューブ社長、安田佳生氏のつぶやきには人生&仕事の大切なものが詰まっている件

f:id:sayadoki:20161127144653g:plain
安田佳生 (@yasuda_yoshio) | Twitter

 

安田佳生さんのつぶやきがおもしろいです。

 

 

安田佳生さんとは?

安田佳生さんは株式会社ワイキューブの元社長で、
現在は株式会社ブランドファーマーズ・インクの社長です。

 

安田佳生さんとワイキューブの話はご本人の著書をお読みください。
いまならKindle Unlimitedの読み放題対象本

 

一時、有名大手企業にまじり、就職人気企業ランキングで20位内にランクインした中小採用コンサルティング会社が
どう生まれ、どう民事再生されるか
までが、ご本人の言葉でつづられています。


今あらためて読んでみると、イマドキの若者の多くが共感する人生を歩まれていると感じました。

 

波風立てずに秩序を保って生きていれば、誰もあなたの呼吸を止めはしない。そうすれば息はできる。呼吸をしているという意味では、生きているといえるのかもしれない。

けれども、私にとってそれは「生きている」ことにはならない。ただ「死んでいない」ということにすぎないのだ。(中略)

誰かが勝手に決めた常識や既成概念から自由になりたい。思い切りラクに生きたい。そのために必死にもがいてきた。

 

『プロブロガー』の多くはサラリーマンを否定して、「自分のやりたいことをする」とか、「好きなように生きる」と宣言します。

しかし、やりたいことがあればやればいいだけの話で、好きなように生きたければ、好きなように生きればいいだけの話でもあります。

 

でも、どうしてそう宣言せずにはいられないのでしょうか。

 

そこには社会からはみ出す道を選んだにもかかわらず、社会から承認されたいという矛盾する感情が存在するからです。

 

こんなことを書いているぼく自身も、「自分の人生を自分の責任で生きたい」と会社を飛びだした口です。

人のことは言えません(笑)。じぶんの持ち場でがんばりましょう。

 

安田佳生さんのつぶやきまとめ

で、安田佳生さんのつぶやきがおもしろいです。

 

どれくらいおもしろいかというと、2011年から13年までの分は、すでにNAVERまとめにまとめられているくらいおもしろいです。

【名言】社長を辞めた“安田”さんのツイートが1日たりとも見逃せない! - NAVER まとめ

 

さかのぼっていくと、まるっと引用してしまいそうな欲求にかられたので、2016年8月から2016年11月までの分で、特におもしろいと思ったものをまとめます。

 

お金に執着しない若者がそれでもほしいもの

他社との競争に勝つことを目的にしてはいけない

やりたくないことを徹底的に排除するのは正しい努力

働くとお金を稼ぐは違う?

お金は人間の感情にしたがって動いている

人生の主導権を手に入れるためには?

仕事は断ることで増えていく

趣味とは稼げない仕事?

ロボットや人工知能があらわれても仕事はなくならない

雇用=時間の運用を他人に任せること

必需品は安くなる運命にある

社会は出入り自由な場所

小さな会社がとるべき戦略(ネーミングとコンセプト)

仕事とは、得意なことで人の役に立つこと

お客さんを増やすためには?

21世紀のサバイバル術

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

安田佳生さんは酸いも甘いも体験してきたからこそ、ここまで重みのあることばを発信でき、かつ、大勢の共感を受けているのではないでしょうか。

安田佳生事務所を立ち上げ、しばらくは一人で働いていました。このとき社長時代の給料5000万円を稼いで、あれが自分の実力だったと証明しようとがむしゃらに働いたんですよ。

でも、どんなに頑張っても2000万円ぐらいまでしか稼げなかった。「やっぱり、搾取していたんだ」と認めざるを得なかったですね。実際、稼いでいたのは社員だったんです。

BFI 安田佳生氏「私、もう一度社長になりました。」|スモビバ!

 

『いい経営者』と『わるい経営者』とふたつにわけるのは難しいですが、安田佳生さんの考え方は『いい経営者』と感じられるのではないでしょうか。

 

ぼく自身、安田佳生さんのつぶやきをみて、
じぶんの商品(売り物)を生み出さないといけない
と痛感しています。