とにかく元気を出すことだよ

レールから外れた人へ

ソーシャルはカネになる!一発20万円のしおたんと資産3000万円の田端信太郎さんの話

f:id:sayadoki:20161122014730j:plain

 

まず、3つの事柄を紹介させてください。

  •  WEBライター塩谷舞さんの『20万円』
  • インスタグラマー渡辺直美さんの『1080万円』
  • LINE上級執行役員田端信太郎さんの『3000万円』

の3つです。

 

 

一発20万円のしおたんの話

昨日、WEBライターの塩谷舞さんが、PR記事のギャラを公開して話題になりました。

しおたんことWEBライター・塩谷舞がPR記事一本のギャラ相場を公開!同業者から「ありがたい」「参考になる」の声多数 - Togetterまとめ

 

その額は1記事20万円です。(10円/1PV相当

 

Webライターの多くが、文字単価ゼロコンマ数円で書いてる中、文字数でなく、ソーシャルへの拡散力を武器にして、仕事をつくりだしています。

 

 

一方、はあちゅうさんによると、インスタグラマーのPR投稿の相場はフォロワー数×2円だそうです。

 

日本のトップインスタグラマーである渡辺直美さんは、
540万フォロワーのため、一撃で1080万円の計算になります(!)。

 

 

さらに、約10万フォロワーの田端信太郎さんは、
3000万円分のソーシャルな資産(評価資本)をもっているといえます。

 

個人のソーシャルな『信頼』で、モノが『売れる』時代

ここで、田端信太郎さんの著書『MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体』を引用します。

現在のネット世界においては、事前に認知度の蓄積がない人が、いきなりコンテンツにたいして課金しようとするのはあまりに無謀です。

なぜならばコンテンツに課金するうえで、決定的に重要なカギとなるのはコンテンツの「品質」それ自体ではなく、コンテンツ制作者が個人として持っている「信頼」と「影響力」だからです。

(中略)

今や、「会社の寿命」が「個人の寿命」よりも短いと言われる時代になりました。そんな時代に「信頼」が成功への最重要のカギとなるメディアの世界において、「個人メディア」の存在感が大きくなっていくのは、必然的なことだと私は思っています。