とにかく元気を出すことだよ

レールから外れた人へ

山本英夫『殺し屋1』の衝撃。エロ・グロ・暴力の奥に、『人を愛する気持ち』が刺激される不思議な作品

 

今日はあまりの衝撃に絶句してしまった漫画を読んだので紹介します。 

山本英夫著の『 殺し屋1』です。

 

少し前にセールになっていたので、ついつい大人買いしてしまった作品です。 

 

タイトルの通り、殺し屋の話で、人を殺す残酷描写はありだし、射精はするわ、SEXはするわで、エログロや暴力描写が苦手な方には、絶対にオススメできません。

 

しかし、しかし、おもしろかったです。

 

おもしろいだけじゃなく、自分自身の人を愛する気持ちとか、真逆に思える気持ちもも、不思議と刺激される作品で、作品の奥深さを感じました。

 

最近、あんまり漫画読めていませんでしたが、今の漫画表現のハイレベルさに驚愕しました。 

ぜひぜひその感動を味わってみてください。

オススメです。