とにかく元気を出すことだよ

レールから外れた人へ

『夢』や『成功』に釣られるな!法律で禁止されているネットワークビジネスの正体とは?

 

マルチ商法の危険性をDMM亀山会長が解説 - ログミー
が話題になっています。

DMMの亀山会長が説くネットワークビジネスの問題点です。

 

f:id:sayadoki:20170321124720j:plain

 

ぼく自身も、何度か、ネットワークビジネスでひどい目に遭ったことがあります。

 

一度は、そもそもネットワークビジネスという言葉すら知らないときに、猛プッシュに負けて入会しそうになったとき。(幸いなことに同僚が止めてくれて助かりました。)

 

そして、そのあとはペアーズなどの出会い系アプリで遊んでいたときです。やりとりをはじめてすぐに「会おう」といってくる人は、だいたいネットワークビジネスの勧誘でした。(亀山会長の話にペアーズのことも出てきて、笑いましたw)

 

この記事では、そんな豊富?な失敗談をもとに、ぼくが感じるネットワークビジネスの問題点を指摘します。

 

 

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスと言われても、聞いたことがない人もいるかもしれません。

ネットワークビジネスはマルチ商法(MLM:マルチレベルマーケティング)やねずみ講とも呼ばれる商法の一種です。

アムウェイやニューウェイズが有名です。

 

企業が商品を販売する際に、直接顧客に売るわけではなく、販売代理店となる個人と契約して、各個人が顧客に販売していきます。

ここまでだと普通によくある商売のかたちですが、個人がさらに別の個人を誘って、その売り上げの一部をとるピラミッド構造を構築していくところがネットワークビジネスの特徴です。

 

f:id:sayadoki:20170321124927j:plain

 

ねずみ講は、無限連鎖講とも呼ばれ、法律で禁止されています。

無限連鎖講は人口が有限である以上、いずれかの時点で破綻し加入者の相当数に損失を与える性質のものであることから、日本では無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されている。

無限連鎖講 - Wikipedia

 

人口は有限のため、加入者の大半が損してしまうため禁止されているわけですが、人の欲は尽きず、心に取り入るノウハウが非常に優れているため、いまだに新規の加入者が絶えません。

 

ネットワークビジネス加入者の最大の問題点は?

ネットワークビジネス加入者の最大の問題点は、そもそも商品(商売)を自分で選ばなかったことにあります。

ネットワークビジネスをはじめる多くの人には下心があります。(熱心に誘われていたときのぼくにも、当然下心がありましたw)

  • 人より楽して稼ぎたい
  • 不労所得を手に入れたい
  • 夢を叶えたい

 

そんな欲望自体は、人間である限り自然なものです。そのため、その気持ち自体は否定すべきではなく、肯定していいものだと思います。

 

しかし、ネットワークビジネスというからには、ビジネス(商売)の一種です。

ビジネスとは、人が必要とするものを生み出して、利益を得る行為です。基本的に、人に役立ったり、豊かにしたりできないものはビジネスにはなりません。

 

ビジネスをはじめるとき、最も大切なことは「何を売るか」です。

 

どうしてその商品(やサービス)を売るのか。売れるのか。

仕入れた値段以上で売るためには、当然、付加価値が必要になります。

  

ネットワークビジネス加入者のいちばんの問題点は、商売をはじめるにあたって最も大切な「何を売るか」を、他人に任せてしまっているところにあります。

 

その結果、ネットワークビジネスでは、新規加入者の人間関係が商品化されてしまいます。

しかし、この人間関係の商品化は、日本にはなじみません。

 

日本でネットワークビジネスをはじめてしまうと、噂はすぐに広まり、これまで利害関係がなかった大切な大切な友だちや知人を失ってしまいます。

家族や友だちにさえ、強引に商品を売る必要がある商売は、まともではないと考えるべきでしょう。

 

ネットワークビジネス企業の最大の顧客はネットワーカー

ネットワークビジネスにはまる人たち(当時の自分含む)は、そもそも自分がネットワークビジネス企業の顧客であることに気づいていません。

 

ネットワークビジネス企業は「夢」や「不労所得」など、ネットワークビジネスに興味をもつ人が好む言葉を知っています。

つまり、巧妙なマーケティングに裏打ちされています。

 

ネットワークビジネス勧誘の現場では、

  • どれほど羽振りのいい生活をしているか
  • いい部屋に住んで、自由気ままに生きているか
  • 高級外車を乗り回し、女にも不自由ない生活を送っているか

などを、上層部が直接ではなく、下の人間が橋渡しとなって、アピールし続けてきます。(実はこれも営業ノウハウの一つです。)

 

ネットワークビジネスの企業理念にはこんな一文があります。

ビジネス・オポチュニティを提供しています。

 

ネットワークビジネス企業は、ネットワーカーにビジネスの機会を提供しているだけです。

 

あらためて考えてみると、実にわかりやすい構造です。

ビジネスチャンスがない哀れな顧客にそのチャンスを与えるのが、ネットワークビジネス企業の商売です。

 

ネットワーカーは、起業家(個人事業主)になったつもりでビジネス・オポチュニティを買わされた消費者にすぎないのです。

 

だまされないためにはどうすればいいのか?

f:id:sayadoki:20170321132759j:plain

多くの人たちは『不労所得』を手に入れるため、ネットワークビジネスをはじめます。

しかし、ネットワークビジネスをはじめる前に、『不労所得』を手に入れてどうしたいのかをきちんと考え直すことが、だまされないために重要なポイントになります。

 

ぼくももちろん楽してお金を儲けたいという気持ちがないわけではありません。

空から札束が降ってこないかな?と考えたことがない人は少ないでしょう。

 

しかし、ほとんどの人が仕事を通じて、社会とつながっているところを忘れてはいけません。

働くことは『働かされる』というマイナスの側面だけではなく、誰かの役に立つことで、誰かに必要とされる側面があります。

 

介護業界では、「今日行く」ところがあり、「今日用」があることがよしとされます。

不労所得を手に入れて、今日行くところも、用もなくなった人間は用なしです。

 

ぼくは実際に介護をしていたことがあるのでよくわかりますが、役割がなかったり、家族や仲間がいない老人から順番に、介護が必要になってしまう現実も頭の片隅に入れておいてほしいと思います。

 

『ナニワ金融道』にもネットワークビジネスを題材にした回があります。やり口を漫画で疑似体験することで、ネットワークビジネスにだまされない免疫をつけることができるのでおすすめです。

 

ネットワークビジネスを見分ける方法は?

出会ったばかりなのに『金持ち父さん 貧乏父さん』をすすめてこられた場合は、ネットワークビジネスをやっていると考えて問題ありません。

この本自体は金融教育がない日本人に必要なお金の教養をつけることができる側面もありますが、この本を読ませておけばネットワークビジネスに勧誘しやすくなるという側面もあります。

 

なぜなら、この本はネットワークビジネスを推奨しているからです。
(ネットワークビジネスが受け入れられているアメリカとそうではない日本の違いに注意してください)

 

金持ち父さん 貧乏父さん』のお金の考え方(特に資産と負債の違い、労働者・個人事業主・投資家・ビジネスオーナーの違い)は理解すべきですが、推奨しているビジネスは陳腐化していて、すでに稼げないものがほとんどです。

 

まとめ

ネットワークビジネスの正体は、あなたの人間関係を売り物にされる質の低い商売です。

本当に不労所得を手に入れたり、お金儲けしたいと考えるなら、まっとうな商売や投資を学んで、実践していきましょう。

 

結局のところ、不労所得を得るためには、

  • 投資家になるか
  • ビジネス・オーナーになるか

しかありませんが、死ぬまで稼ぎ続けてくれるビジネスが何か誰もわからないのが現実です。

 

そのため、簡単に仕事をやめてネットワークビジネスをはじめるわけにはいきませんし、(商売をはじめるにあたっても)何より大切な人間関係を捨ててしまってはいけません。

 

地道にやればそこそこの確率で億万長者になれるよという話はこちらの記事に書いています。

www.24jmn.com